イラスト でこりん

 絵本の魅力はいろいろありますが、子どもと大人が一緒にお話の世界に触れ、日常だけではできない体験をすることで、想像力を養えることがその一つです。

 大人になったらどうなるかなんて子どもたちには分かりませんし、明日どんなことがあるのかさえも誰にも分かりません。友だちが何を考えているのか、お母さんがなぜ怒っているのか、相手の心の中のこともそうです。そういう先のこと、相手のことを考える源となるのが想像力。

 読み聞かせる言葉がたどたどし過ぎたり、読み間違えが多過ぎるようでは、子どもは心地よく想像の世界に入れません。初めて親子で楽しむ絵本の場合は、あらかじめ下読みをして話の流れや文章を確認しておくと良いでしょう。

サトシン(絵本作家)


1962年生まれ。専業主夫の経験もある三児の父。両手を絵本に見立て、想像を膨らませながらお話を作っていく「おてて絵本」の発案者。著書に大ヒット作「うんこ!」(文渓堂)など。

【おすすめ絵本】

 


こんもりくん/出版社:偕成社 作・絵: 山西 ゲンイチ
 髪の毛を切るのが嫌で、頭がこんもりになってしまったこんもりくん。
なんと、髪の毛の中には楽しい楽しい「かみのけーランド」がひろがっていたのです。
そこには、こんもりくんが髪の毛の中に放り込んだおもちゃやお菓子がいっぱい!こんもりくんは、かみのけーランドに住むねずみたちと一緒にいろんなことをして遊びます。現実ではありえないメルヘンな世界を楽しめる絵本です。


☆絵本プレゼント実施中☆
応募はこちらから