トップインタビュー 2022

松原建設株式会社 代表取締役社長松原 悠大

アセットマネジメントを推進

松原建設株式会社 代表取締役社長 松原 悠大 氏

1982年創業。総合建設業として公共工事や民間工事を中心に、土地区画整理や不動産開発などのまちづくり事業も幅広く手掛ける。

業界に先駆けてICT(情報通信技術)を活用した施工法を導入し、ドローン測量やVRを使い、作業時間と労力を軽減。「ICTによって体格差のある女性や、経験の浅い若手も活躍できる場が増えた。このICTのノウハウをまちづくり事業にも応用し、ゼロカーボンに向けた取り組みを併用することで持続可能なまちをつくっていきたい」と松原悠大社長は話す。

建設業界の動きとしては、PFI(Private-Finance-Initiativ)進展がある。公共事業に民間の資金とノウハウを投入し、施工から維持管理、運営まで行う官民連携手法で、昨年着工した富山市公設市場の再整備事業もこのPFI手法を採用しており、同社は建設業務を担当する構成企業として参画している。


持続可能な地域のまちづくりを考え、選ばれる企業グループに
持続可能な地域のまちづくりを考え、選ばれる企業グループに

松原氏は「施工管理業務のレベルアップはもちろん、社会資本の維持管理、アセットマネジメントの考え方を会社全体に導入していきたい。そのためには社員個人の資格取得やスキルアップ、社内外に向けた環境整備も必要だ」と展望する。昨年は、県内建設業でいち早くアセット(資産)の価値に焦点を当てたISO55001(アセットマネジメントシステム)の認証を申請。本年1月に取得予定だ。

社外では富山青年会義所で活躍。今年は70周年実行委員会の委員長と、新会員指導を担うアカデミー委員会の委員長を兼務するなど多忙を極める。入会から7年、産業や組織を超えた交流は人としての品格を養ってくれた。「まちづくり、ひとづくり、組織運営を通じて少しずつだが人間として成長出来たと思う。その中で共に活動した多くの仲間との出会いが本当の財産。70周年は特に重要な任務だが必ず成功させる。任せてください」と力強く話す。

松原建設株式会社

富山市石坂2449-2 TEL.076-433-8248