トップインタビュー 2022

前田建設株式会社 代表取締役社長前田 誠

使命感を胸に人材育成に注力

前田建設株式会社 代表取締役社長 前田 誠 氏

前田建設は、1893年に小矢部市でレンガの製造販売を始めた石黒商店を起源とし、1948年に発足した老舗。前田誠社長は昨年11月に、義父の前田康夫会長からバトンを受け取った。「責任の重さを感じる。人材育成と技術向上に力を入れ、子どもたちが『前田建設で働きたい』と思うような魅力ある会社を目指していく」と語る。

前田社長が「進むべき方向を考えるうえで大きなヒントをもらった」と言うのが、昨秋に富山市の大久保小で行った出前授業だ。同校の耐震化工事を担当し、仕事の内容や現場におけるSDGsへの取り組みを紹介したところ、「子どもたちが目を輝かせて興味深そうに話を聞いてくれた。人手不足などの課題を克服するには、我々の仕事について若い世代に伝えていく地道な活動がもっと必要だと思った」と、子どもたちが建設について学び、社員や協力企業の職人が技術研修に使える体験施設を整備したいという。

耐震化工事を行った大久保小児童への出前授業
耐震化工事を行った大久保小児童への出前授業

大学で福祉を学び、2015年まで県職員として勤めた。児童自立支援施設の県立富山学園に勤務経験があり、19年に同学園寮舎の改築工事を工事した際には社員などの関係者に施設の重要性を説明し、「難しい家庭環境で育ち事情を抱えている子どもが少なくない。安心して暮らせる場所にしなければいけない」と伝えたという。昨春竣工を迎え、「安全で使いやすい空間や環境づくりを通じて建設業は福祉に貢献できる。県の目指している幸福感『ウェルビーイング』の向上に寄与したい」との思いを強くしている。

富山学園時代の上司の教え「ABC」を心に刻んでいる。「あたりまえのことを、ばかにせず、ちゃんとしよう」の頭文字だ。「設立百周年を目標に一年一年を大切にしたい。スタートになる今年はその『あたりまえ』の反対語の『ありがとう』と言っていただける仕事ができるように頑張る」と笑顔で話す。

前田建設株式会社

本社 富山市安住町7番14号 TEL.076-432-4540(代)
小矢部支店 小矢部市本町3番15号 TEL.0766-67-1050(代)