トップインタビュー 2022

北陸コンピュータ・サービス株式会社 代表取締役社長多賀 満

「共創」で新たな価値を生み出す

北陸コンピュータ・サービス株式会社 代表取締役社長 多賀 満 氏

「協業深化」「共創」が飛躍へのキーワードだ。顧客とのパートナーシップをさらに深め、新たな価値をともに生み出したいと考えている。

北陸に密着したシステムインテグレータとして顧客のニーズを捉えてICTソリューションを提供してきた。技術力に加え、きめ細やかな対応と長年の信用が強みであり、「顧客と共創することで、同じ課題を抱える企業へと横展開できる商品・サービスをつくることができるのではないか」と多賀満社長は語る。医療介護のような、人への負担が大きい産業、カーボンニュートラルに向けて成長が予想される環境関連産業など、ICT導入を通じて生産性アップに寄与できる分野は少なくないとみており、その可能性を探っている。「ほしいものはお客さまが一番分かっている。これまで通り『お客さま起点』の姿勢でヒントを見つける。クラウドサービスで北陸から全国に発信できる商品を生み出したい」


チャレンジしやすい社内風土づくりを進めている
チャレンジしやすい社内風土づくりを進めている

コロナ禍に際してはリモートワークやペーパレス化のニーズに応える商品ラインアップをいち早くそろえた。昨年は主力商品「ターコイズ販売管理システム」をクラウドで利用できるサービスをスタート。今月1日の電子帳簿保存法改正については顧客への周知から始めて対応法を助言した。「変化に機敏に対応しながら、コンサルティング力と商品力を磨き続けなければいけない。お客さまが何を実現したいのかをしっかり把握して最適の提案ができるかどうか。そこに我々の力量が問われる」と考えている。

「挑戦し続ける」「失敗を恐れない」風土の醸成を推進し、社員提案の事業化を後押しする為、研究開発費にチャレンジ枠を新設した。採用活動のキャッチフレーズも「ミライにチャレンジ」。「採用はわたしの最重要ミッションのうちの一つ。ソリューション提案には若い発想が不可欠。組織に化学反応を起こしてくれる人材を求めている」

北陸コンピュータ・サービス株式会社

富山市婦中町島本郷47-4 TEL.076-495-9500