参加申込は
こちら
2021年度 とやま夏期大学
とやま夏期大学へのたくさんのご応募ありがとうございました。
応募者多数のため抽選を行い、当選者に事務局から当選案内をお送りしました。郵便で案内が届かない場合は落選となりますので、予めご了承ください。
8月27日(金)~29日(日)の「とやま夏期大学」は、新型コロナウイルスの感染拡大により、延期となりました。
※延期による代替開催日は、現在調整中です。日程が決まり次第、当選者の方に改めてご連絡いたします。
各講義、オプショナルツアーとも、受付を終了しました
美しい立山のふもとで学びを楽しむ夏。持続可能でよりよい世界を目指す国際目標「SDGs」についてや、東日本大震災から10年を迎えた今年、改めて自然や災害について考えるなど、環境をテーマに開催します。いま注目のヘルジアンウッドを巡るツアーと共にお楽しみください。

講義スケジュール・プロフィール ※講義時間が多少変更になる場合がございますのでご了承ください。
※未就学児の入場はお断りさせていただいております。予めご了承ください。

  • 野口健

    野口 健 氏
    のぐち けん

    「富士山から日本を変える 〜山から学んだ環境問題〜

    • 1973年、アメリカ・ボストン生まれ。高校時代に植村直己氏の著書に感銘を受け、登山を始める。1999年、エベレストの登頂に成功し、7大陸最高峰世界最年少登頂記録を25歳で樹立。2000年からはエベレストや富士山に散乱するごみ問題に着目して清掃登山を開始。近年は地球温暖化による氷河の融解防止にむけた対策、戦没者の遺骨収集活動などにも力を入れている。2015年4月、ヒマラヤ遠征中にネパール大震災に遭遇。すぐに「ヒマラヤ大震災基金」を立ち上げ、ネパールの村々の支援活動を行う。2016年4月に起きた熊本地震においては、避難所としてのテント支援を行い、テント村の設置、
      運営などもおこなった。
    • 主な著書に『落ちこぼれてエベレスト』(集英社)2021年4月には、最新刊『登り続ける、ということ。山を登る 学校を建てる 災害とたたかう』(学研プラス)が発刊
  • 紺野美沙子

    紺野 美沙子 氏 こんの みさこ

    「俳優・UNDP親善大使・主婦として、見たこと感じたこと」

    • 1980 年、慶応義塾大学在学中にNHK連続テレビ小説「虹を織る」のヒロイン役で人気を博す。「武田信玄」「あすか」など多数のドラマに出演。舞台「細雪」( 原作:谷崎潤一郎 ) では三女・雪子役を好演。他に「忠臣蔵」「日本の面影」(作:山田太一)「両国花錦闘士」(原作:岡野玲子)など、硬軟を問わず意欲的に舞台に取り組んでいる。バラエティ番組にも度々出演。長年の大相撲ファンとしても知られている。1998 年、国連開発計画親善大使の任命を受け、カンボジア・パレスチナ他、アジア・アフリカの各国を視察するなど、国際協力の分野でも活動中。著書に「ラララ親善大使」( 小学館刊 ) がある。2010 年秋から「紺野美沙子の朗読座」を主宰。音楽や影絵、映像など、様々なジャンルのアートと朗読を組み合わせたパフォーマンスを全国各地で公演している。NHKエフエム「音楽遊覧飛行」案内役を担当。

講義スケジュール

8月27日(金) アルピニスト/登山家
野口 健氏
8月28日(土) 俳優/朗読座主宰
紺野 美沙子氏
8月29日(日) ヘルジアンウッドで優雅なランチ&自然豊かな立山を学び感じるツアー

オプショナルツアー

ヘルジアンウッドで優雅なランチ&自然豊かな立山を学び感じるツアー

〈参加料金〉
お一人様 5,000円(昼食・保険料・入館料込)
〈参加定員〉
40名(最少催行人員20人)※応募多数の場合は抽選となります。
〈内  容〉
自然豊かな立山の麓で、原風景を活かした美しい「村」を目指して昨年立山町にオープンした“美と健康”をテーマとした複合施設「ヘルジアンウッド」。建築家・隈研吾氏が設計したレストランにて前菜、スープ、主菜、デザート、ハーブティーがセットになったランチと、アロマ工房にてメディカルハーブセミナー&ハーブスプレー作りを体験。その他、立山カルデラ砂防博物館や大岩山日石寺を訪れます。

夏期大学受講者の特典

  • 立山国際ホテル
    ■ホテル内でのサービス/温泉入浴料の割引(通常720円のところ、受講生は520円)
    ※フェイスタオルご希望の場合は、1枚100円です。
  • 立山カルデラ砂防博物館
    ■入館割引(団体料金適用)

宿泊

立山国際ホテル(8/27泊、8/28泊)
1泊2食付 2~4名1室利用・お一人様あたり 14,000円
※料金は税込みです。 ※料理のグレードUP承ります。 ※入湯税150円別途必要です。 ※1名1室利用の場合、2,000円増し。

応募方法のご案内

立山国際ホテル
期 間
令和3年8月27日(金)~8月29日(日)
会 場
立山国際ホテル
〒930-1454 富山市原45 TEL076-481-1111
対 象
一般・学生 富山県在住者限定 ※学ぶ気持ちのある方なら、どなたでも歓迎します。
※未就学児の入場はお断りさせていただいております。
講義定員
各日 130名 ※受講は1日単位。複数日の受講もできます。
受 講 料
1,000円(税込)/1日
申込方法
下記の必要事項を明記のうえ、申込用紙・はがき・FAXで下記受付窓口までお送りください。
また、下記WEBサイトからの申し込みも可能です。受講決定者に7/31(土)までに、受講料(オプショナルツアー・バス代など発生する方は、その代金も含む)のご請求書をお送りします。入金確認後に、受講票を送付いたします。
必要事項
希望受講日(複数日受講可能)、氏名(ふりがな)、年齢、性別、郵便番号、住所、電話番号、希望のオプショナルツアー、特別シャトルバス利用の有無、オプショナルツアーの集合地
受付窓口
申し込み先
〒930-0094 富山市安住町2-14
北日本新聞開発センター「とやま夏期大学」事務局
申し込みに関してのお問い合わせは TEL 076-445-3587 FAX 076-431-1915
応募締切 ※申込み多数の場合は抽選となります。

会場へのアクセス

交通機関のご案内

・富山地方鉄道利用(各自でご利用ください)

料金/片道1,230円(税込)

[ 行 き ]
電鉄富山駅発 9:58→立山駅着 11:02(平日)
電鉄富山駅発 10:49→立山駅着 11:56(平日)
電鉄富山駅発 9:58→立山駅着 11:03(休日)
電鉄富山駅発 10:50→立山駅着 11:56(休日)
[ 帰 り ]
立山駅発 16:43→電鉄富山駅着 17:47(平日)
立山駅発 17:30→電鉄富山駅着 18:37(平日)
立山駅発 16:44→電鉄富山駅着 17:51(休日)
立山駅発 17:30→電鉄富山駅着 18:38(休日)

立山駅―立山国際ホテル無料送迎バス(8月27日(金)、28日(土)のみ)
※立山駅の乗降場所はバスロータリー側の称名滝行きバス停付近となります。

・特別シャトルバス利用〔8月27日(金)、28日(土)のみ〕

往復料金/2,000円(税込)※要申込、各日16名

富山駅北口―立山国際ホテル
シャトルバスの運行(1日 往路1便、復路1便)

[ 行 き ]
富山駅北口 11:30
[ 帰 り ]
立山国際ホテル 16:30

感染症防止対策について

本事業は下記のような感染症防止対策を講じた上で実施いたします。
参加される皆様はマスクの着用や手指消毒など新型コロナウイルス感染症防止対策にご協力ください。
※今後の感染症拡大状況や講師の都合等により、本事業を延期または中止する場合があります。