トップインタビュー 2020

ブリヂストンタイヤ富山販売株式会社 代表取締役社長稲田 卓也

スピード感ある業務改革へ

ブリヂストンタイヤ富山販売株式会社 代表取締役社長 稲田 卓也 氏

 ブリヂストンの富山県総代理店として、タイヤおよび自動車関連商品を扱う卸売会社。2018年に創業70周年を迎え、関連企業7社で構成する「北信グループ」から、「team HOXIN」に名称変更。ワンチームとして協力・行動し、目標を目指す決意を新たにした。

 稲田卓也社長は、「昨年は物流費高騰に伴うタイヤの値上げや増税などで慌ただしかった」と振り返った。自動車業界は電動化や自動運転、カーシェアなど100年に一度の転換期を迎えており、「新しい事業領域への対応が急務となっている」と述べた。

 同社ではこの転換期に必要なのはスピード感と捉え、さまざまな業務改革を推進。物流課を新設してチーム全体の物流効率を上げる一方、会社間のジョブローテーションを加速して「多能工化」を目指す人材育成や、目標管理制度と賃金制度の見直しも行った。

「team HOXIN」7社の中核を担うブリヂストンタイヤ富山販売=富山市山王町
「team HOXIN」7社の中核を担うブリヂストンタイヤ
富山販売=富山市山王町

 今年も「選ばれる会社づくりと人づくり」を念頭に、スピード感のある変革を進めていく。「会社づくり」では、物流効率を上げ、ムダを排除することで営業時間を創出するほか、顧客の元にしっかり足を運んでニーズを捉え、問題を解決していく。また、従来の商慣習からの脱却を目指し、電話受注からWEB発注への移行を促進。WEBからタイムリーな情報を発信できる環境を整える。

 「人づくり」では昨年、全営業スタッフにタブレット端末を貸与し、動画を活用したマーケティングを開始。「自動車の進化に関わらず、我々が扱うタイヤがお客様の命を預かる重要なパーツであることに変わりはない。この重要性を言葉だけでなく、映像も交えて丁寧に伝えていくことが肝要だ」と語る。

 働き方改革にも積極的だ。3年前から展開している「小集団カイゼン活動」では、社員主導で問題の抽出、検討、解決を行う。今後も社員の意見を反映しながら、働きがいのある職場を作っていく。

ブリヂストンタイヤ富山販売株式会社

富山市山王町4-5 TEL.076-420-7171