トップインタビュー 2020

税理士法人 中村税務みらい経営 代表税理士 所長中村 総一郎

「原点回帰」次の50年へ

税理士法人 中村税務みらい経営 代表税理士 所長 中村 総一郎 氏

 1969年の開業以来、決算書、税務申告書の作成はもとより、事務所名に込めた、「お客様の経営のみらいを思い描く伴走者」を意識した、税務・経営に関するアドバイザリーサービスを提供。サポートする企業は、県西部を中心に500社にのぼる。

 昨年は、開業50周年の節目を迎え、顧客、従業員への感謝の思いを新たにする一年となった。中村総一郎所長は「ここまでこられたのは、お客様からのご愛顧はもちろん、社員一人一人が、お客様の経営のかかりつけ医として、献身的に働いてくれたからこそ。今後も、お客様の100年の繁栄のお手伝いを通して、私たち事務所スタッフの幸せ度を高めていきたい」と話す。

 現在スタッフは30人。①お客様の100年の繁栄②全社員の物心両面の幸せ③地域経済の元気の発信源─の三つの経営理念の下、2事業部・5委員会体制で業務に当たっている。

社員旅行で訪れた善光寺(長野県)での一幕
社員旅行で訪れた善光寺(長野県)での一幕

 中村所長は、会社経営は「持続的な繁栄」が重要で、その実現には「働いている社員さんも、お客様も幸せを実感できること」が特に大切だと考えている。

 創業100年に向けて、次50年は「原点回帰の思いで、お客様の困りごとをしっかり伺い、課題解決、夢の実現に向けて『お客様の一番の応援団』として心をこめたサービスを提供していきたい」と語る。

 中村所長は地域の活動にも積極的に参加。昨年5月に開催された「高岡ねがいみち駅伝」では、実行委員長として陣頭指揮を執った。3児の父親として携わっているPTAでは、現在、県PTA連合会副会長を務め、今年8月に富山で開催される全国大会の準備に奔走する。

 「仕事でも仕事以外でも、地域の元気のお手伝いをできるのは幸せなこと。与えられた役割に感謝しながら、今年も目いっぱい、汗をかかせていただきます」と抱負を語る。

税理士法人 中村税務みらい経営

高岡市三女子141-3 TEL.0766-21-0101