トップインタビュー 2020

株式会社 しん証券さかもと 代表取締役社長小々高 利昭

「信頼が、すべての原点」

株式会社 しん証券さかもと 代表取締役社長 小々高 利昭 氏

 しん証券さかもとは1907(明治40)年に金沢市で創業。北陸証券(高岡市)、荒町証券(富山市)との合併を経て、2014年に坂本北陸証券から改称した。「しん」には信頼、親切、親しみやすさのほか、新、心、進、真といった多くの意味を重ねている。昨年は「信頼が、すべての原点」と銘打ったテレビCMの新シリーズを放送した。高額な茶碗を「信長が使っていたかもしれん」と紹介する男性と、購入を勧められて困惑する友人が登場し、「その話、信じられる?」との言葉が画面に映し出される。ユーモアを交えながら、「信頼とは何か」と視聴者に問い掛ける印象的な作品だ。そこには「お客様と長いお付き合いをする上で大切なことは、商品を薦める前に信頼していただくこと。深く強い関係を常に築き上げていきたい」とのメッセージを込めている。

高岡支店リニューアルを記念して開催された投資セミナー
高岡支店リニューアルを記念して開催された投資セミナー

 近年、各支店のリニューアルを順に行ってきた。16年に富山営業部を移転し、17年には南砺支店(福光)、昨年は高岡市末広町の高岡支店を建て替えた。いずれもフロアを拡張し、個別相談ブースや会議室を充実させた。小々高利昭社長は「資産運用や相続などについてゆっくりと相談していただいたり、小規模なセミナーを開いたりする場所として活用していく」と話す。

 支店改装への投資は地域密着に徹する決意の表れ。「地場証券は地域に根を張った商売をしなければいけない。『離れていても電話一本で済む』という意見もあるだろうが、近くに支店があって気軽に対面で話せる方がいい。お客様の安心感、信頼につながると考えている」と小々高社長。中長期的には新たな支店開設も視野に入れているという。

 「投資への関心は依然として高い。初めての方には長期保有できる配当金や株主優待の有利な株、リスクの小さい投資信託などを薦めている。資産を増やすお手伝いをし、ファンになっていただけるよう努めていきたい」

株式会社 しん証券さかもと

富山営業部 富山市本町9-10 大同生命ビル1階
高岡支店 高岡市末広町6-8
南砺支店 南砺市福光6956
TEL.076-222-8088(本店)