富山エフエム放送(富山市奥田町、吉村直樹社長)が31日発表した2023年3月期決算は、番組改編などが新たなリスナーやスポンサーの獲得につながり、純利益は2年ぶりの黒字となった。

 売上高は前年比4・7%増の3億6781万円で4年ぶりの増収。経常損益は1176万円の黒字(前年・594万円の赤字)、純損益は1113万円の黒字(同・655万円の赤字)だった。配当は4年連続で無配とした。

 ▽新任取締役 北國新聞社富山本社副代表後藤尚彦、インテック専務執行役員北陸産業事業本部長宮下毅、中日新聞社北陸本社編集局長八木光世▽新任監査役 北陸電力執行役員福井支店長村田良昭、山本会計事務所所長山本和夫▽退任取締役 青木恵、金井辰樹、山本克也▽退任監査役 水谷和久=以上6月19日