第15回北日本児童文学賞

最優秀賞に竹内さん 優秀賞は睦月さん、かめやさん

 第15回北日本児童文学賞の最優秀賞は、竹内よしひこさん(38)=本名・竹内仁彦(よしひこ)、さいたま市、公務員=の「月一デート」に決まった。優秀賞には、睦月彩良(さら)さん(40)=本名・渡邉彩花(さやか)、横浜市、無職=の「手刀を切る!」と、かめやひろ美さん(40)=東京都、会社員=の「ひび」が選ばれた。

 北日本児童文学賞は、夢と感動に満ちた個性豊かな作品の創造、作家の発掘を目的に、北日本新聞社が2003年に創設した。今回は全国から324編の応募があった。地元選考委員が候補作を絞り込み、「ズッコケ三人組」シリーズなどで知られる児童文学作家の那須正幹(まさもと)氏(山口県防府市)が最終選考に当たった。

 表彰式は11月25日に北日本新聞社で行い、最優秀賞には記念盾と副賞50万円、優秀賞は記念盾と副賞10万円が贈られる。

第15回の入選作(最優秀賞1編、優秀賞2編)

2017年11月19日

題名 作者 年齢 住所
最優秀賞 「月一デート」 竹内よしひこ 38 さいたま市
優秀賞 「手刀を切る!」 睦月彩良 40 横浜市
優秀賞 「ひび」 かめやひろ美 40 東京都