第14回北日本児童文学賞

草間さん(横浜)最優秀 優秀賞にちばさん、南田さん

 第14回北日本児童文学賞の最優秀賞は、草間小鳥子(ことりこ)さん(29)=横浜市、主婦=の「座布団いちまい!」に決まった。優秀賞には、ちばるりこさん(58)=盛岡市、学校非常勤職員=の「キジ撃ち」と、南田幹太(なんだかんた)さん(53)=本名・山本拓也、神奈川県逗子市、翻訳家=の「白い手」が選ばれた。

 北日本児童文学賞は、夢と感動に満ちた個性豊かな作品の創造、作家の発掘を目的に、北日本新聞社が2003年に創設した。今回は全国から438編の応募があった。地元選考委員が候補作を絞り込み、「ズッコケ三人組」シリーズなどで知られる児童文学作家の那須正幹(まさもと)氏(山口県防府市)が最終選考に当たった。

 表彰式は19日に北日本新聞社で行う。最優秀賞には記念盾と副賞50万円、優秀賞は記念盾と副賞10万円が贈られる。当日は那須氏が講評する。

第14回の入選作(最優秀賞1編、優秀賞2編)

2016年11月12日

題名 作者 年齢 住所
最優秀賞 「座布団いちまい!」 草間 小鳥子 29 横浜市
優秀賞 「キジ撃ち」 ちば るりこ 58 盛岡市
優秀賞 「白い手」 南田 幹太 53 神奈川県逗子市