4次選考結果

4次選考通過33編

 宮本輝氏選・第49回北日本文学賞の4次選考を33編が通過した。国内外から1297編の応募があり、1次選考から絞り込んできた。最終候補作と受賞作、選奨作は来年1月1日の本紙で発表する。1~4次選考までの通過作、最終結果はウェブ新聞「webun」にも掲載する。

第4次選考通過作品

2014年12月27日 (通過作の掲載は都道府県ごとの受け付け順)

富山県

富山市

「鍬崎山チラシ」金野和典 / 「鶏夫の来た部屋」島なおみ / 「気骨」中村隆夫

北海道

「幾千世」悠木マイコ

宮城

「暖炉」原久人 / 「シンデレラ」平塚壮吉

山形

「土星花火」藤原陽

埼玉

「山茶花、三つ四つ」越まろい / 「永遠の友だち」斉藤寛晃

東京

「なまえ」林香 / 「キリンの舌を笑ってやった」洗井れの / 「空を仰げば」千野嶺一 / 「風邪が治れば」森田健一 / 「色挿し」井岡道子 / 「二つの宝物」内田東良

神奈川

「冬の風音」高橋美惠

新潟

「浮かぶまぼろし」川田昇

石川

「白花立つ」渡辺真理子

福井

「蓬」窪田健美

静岡

「孤死」並木涼

愛知

「窓」得馬夕樹代

滋賀

「空の味」三原てつを

京都

「百足獅子の舞う町」氷月あや

大阪

「ベビーズブレス」生野鶴三 / 「御手」筧佳代子 / 「光の階段」藤凜太郎 / 「夜釣りで会う」山下みゆき / 「天国からのスケッチブック」齋藤葉子

奈良

「継がれゆくもの」秋あきら

鳥取

「遠い灯り」佐藤多美子

愛媛

「燐票」三島麻緒

福岡

「食卓の日々」溝口智子 / 「バスで来る女」深田俊祐