「北日本新聞データベース」記事利用のご案内

◆本紙記事を読者の皆さんの「データベース(DB)」としてご活用ください!

 北日本新聞社は平成21年3月から「ジー・サーチ」「日経テレコン21」、22年9月から「ダウ・ジョーンズ ファクティバ」と連携し、本社のデータベース(DB)に蓄積・保存している記事、見出しをインターネットで一般公開(有料)しています。欲しい過去の記事や情報をパソコンで手軽に得ることができるようになり、多方面での活用が可能です。

 本社が著作権を持つ政治、経済、社会、文化、スポーツなどの記事をこの3社に提供。各社はそれぞれのシステムの特色を出し、スムーズに検索、閲覧ができるようにしています。いずれも「会員登録」が必要ですが、本社のDBを仕事、学習、趣味などにお役立てください。

 ※なお、これらの記事、見出しについては、勝手に他の印刷物などに二次利用すると著作権法違反になりますのでご注意ください。二次利用する場合は、必ず本社の許可を得てください。


北日本新聞著作物使用申請のご説明

 北日本新聞社が著作権を持つ記事や写真を印刷物や放送、ホームページなどに使用したい方は、必ず「北日本新聞著作物使用申込書」を本社に提出し、使用目的などを申請してください。所定の使用料金をいただくことがあります。

 ※申込書は本社編集局読者センターで発行しており、ファクスか郵便で受け付けます。
  ファクス番号は076-445-3444。郵便の宛て先は、〒930-0094 富山市安住町2-14 北日本新聞社編集局読者センター 著作権係まで。


3社のDB利用について

ジー・サーチ
 対象となる北日本新聞の記事は2004(平成16)年1月から現在まで。検索、閲覧料金はいずれも1件につき見出し10円、本文150円。利用した件数で料金が決まる従量制です。
 入会は、ジー・サーチのホームページから。ニフティ加入者は、手続きなしでホームページから利用できます。電話での問い合わせは03-3452-1243まで。


日経テレコン21
 日本経済新聞デジタルメディアが運営しており、経済情報の分野では国内最大級です。利用した情報量に応じて課金する方式で、多数の契約会員を持ち、新聞記事以外にも幅広い情報をサービスしています。
 北日本新聞社に著作権のある2004(平成16)年1月からの記事検索が可能です。
 詳細・問い合わせは日経テレコン21のホームページへ。電話での問い合わせは0120-216-216まで。


ファクティバ
 ファクティバは、世界各国の新聞、業界紙、雑誌などのニュースから、企業情報、マーケット情報など多岐にわたるビジネス情報の検索ができます。200カ国から26言語で提供される31,000の情報ソースのデータベースを横断的に検索できるのは、ファクティバだけです(ダウ・ジョーンズ告知による)。北日本新聞の記事は2010年1月から。
 申し込み・問い合わせは、ファクティバのホームページへ。電話での問い合わせはダウ・ジョーンズ・ジャパン03-5220-2730まで。


▽データベースの利用に関する全般的な問い合わせは、北日本新聞社編集局読者センターまで。
 電話:076-445-3478  メール:dokusha@kitanippon.co.jp